痛々しいね・・・

11月18日


術後12日目の今日は、退院後初めての受診へ。


元気なディアナを見て術後の様子を気にされてた先生も喜んでくれました102.png


以前に記したようにディアナの皮膚って繋がりにくいので、今日はまだほとんど抜糸できず・・・119.png

腫れてる箇所もあるし、あまり期待はしていなかったんだけどね。

それと脾臓の時より縫い目の数が多くなってしまった今回。

塞ぎ方が1本縫いに近い感じなので、抜糸の仕方も勝手が違うみたい。


メスが入ったお腹の状態は只今こんな感じ。

ちょっとグロテスクですみません122.png

b0026701_18334029.jpg


まだかなり痛々しいね。

抗生剤(バイトリル50)は更に2週間追加投与になりました。

ちなみに脾臓の時はこんな風(click!)でした。


あっ、横にもちょこっと塞がれた痕があるのに気付きましたか?

これについては病理結果の報告の時に~。


# by hermosaFB | 2017-11-18 18:18 | 病気・病院 | Comments(0)

食事がおいしい♪

11月16日


今日で術後10日目になりました。


その後のディアナの様子ですが・・・

おかげさまでとても元気です165.png


食事の様子を見ていても退院してきたその日から完食!

ホント気持ちのいい食べっぷり172.png


全身麻酔はもう最後になるだろうから気になっていた箇所の処置も可能な限りお願いしておきました。

そのうちの一つ、歯肉過形成が目立つ部分を削ってもらい口腔内の状態が良くなったのか、

以前のような食事スピードを取り戻すことに成功165.png


術前は歯茎が邪魔して食べにくかったのか食べるスピードがかなり落ちてきていて、

時々残したりもしてたのでね。

もしかしたら胆嚢の状態も影響していたのかもしれないけれど・・・119.png


やっぱりディアナはがっついて食べないとね!

b0026701_21462414.jpg


今日も完食!

おいちかったよ~

b0026701_21465072.jpg


# by hermosaFB | 2017-11-16 21:47 | 病気・病院 | Comments(0)

復活散歩♪

11月11日


『軽めの散歩なら全然問題ないですよ』

退院時に先生からそう言われていたので、早速ディアナの復活散歩へGO169.png


やっぱりエルディ揃っての散歩は楽しいね~!

b0026701_18425193.jpg


それにしても風が強いーー!!

ディアナの負担を軽くするため、

マンション周りの日当たりの良い場所を行ったり来たり・・・109.png

b0026701_18433960.jpg


気を使ってるのに、当の本犬は・・・

『あっちにも行く~~~』

と、駅の方へ引っ張る、引っ張る119.png


『まだ帰りたくない~~~』

って意思表示するくらい元気になったディアナ165.png

ホント、よかったよぉ~~~~~~!!

b0026701_18444794.jpg


とりあえず、復活散歩は15分ほどで切り上げました102.png


# by hermosaFB | 2017-11-11 18:47 | お散歩 | Comments(2)

11月10日


今日、ディアナが戻ってきました101.png


あたち、無事生還したよ

よかったよぉ~

b0026701_16370704.jpg


疲れた表情で寄り添うエルモサに何か美しき姉妹愛を感じますね110.png


脾臓の時よりは絶対長引くだろうと覚悟していた退院日。

結局同じ4泊5日でした109.png


弱々しくなってしまったディアナを想像した時期もあったけど、

目の前に現れたディアナは、若干痩せたように見受けられる以外は以前とほぼ変わりない印象。

帰ってくる時の足取りも軽く、こちらが『そんなに急がなくていいよ~』と声かけしたほどでした105.png


これから抜糸まで2週間位かかると思うし、病理結果や予後のことなど心配し出すときりがないけど、

心配したところで結果が変わるわけではないので、とにかく前向きに、前向きに!!

もう採るべきものは採っちゃったんだし165.png


今は、ディアナが私達の元へ元気に戻ってきてくれたことに感謝するだけ。

そして一緒に過ごす毎日を大切にするだけ。


これからもディアナを応援してくださいね!


# by hermosaFB | 2017-11-10 16:45 | 病気・病院 | Comments(2)

11月6日


ディアナの胆嚢摘出手術当日。

手術が何件か入っている中で午後一でやっていただきました。


脾臓の時よりも負担のかかる心配なオペでしたが、

出血もほとんどなく無事に胆嚢を摘出することができました。

摘出された胆嚢はやはりかなり危ない状況のものでした。


ただ・・・、

開腹して初めて判明したこともありました。


胆嚢含めた病理待ちのものが4件。


ショックなこともありましたが、事実は事実としてきちんと受け止めて・・・、

今はディアナが無事生還できたことに安堵しております。


麻酔から目覚めたディアナが力強く立って私の手を舐めてくれたことに涙が止まりませんでした。


まだ予断を許さない状況ではありますが、

第一段階の手術を乗り越えてくれたこと、ご報告させていただきました。


心配してメールをくれたお友達、ブログを見ていただいている方、ご心配おかけしております。


# by hermosaFB | 2017-11-06 15:47 | 病気・病院 | Comments(2)