プレゼント探し♪

12月9日


パパさんが長袖のランシャツが欲しいというので、3ヶ月ぶりの佐野アウトレット174.png


もうすぐクリスマスだしね~

エルディへのクリスマスプレゼントも探さなきゃね169.png


ってことで、先ずはお決まりドッグデプト101.png

ディアナも大好きなドッグデプト。

元気になってまた一緒に来れてよかったね!


物色している間はこんな感じでお付き合いしてくれてたエルディ。

エルモサの片眼あけてる表情が、

『まだかよ・・・』って訴えかけてるように見えなくもないですけどね・・・。プププッ126.png

b0026701_16154907.jpg


待たせた甲斐あってプレゼントも買えました165.png

そのうちお披露目しますね!


カフェのツリー前で177.png

b0026701_16163323.jpg


9月にお店で撮ってもらったエルモサのバースデー写真173.png

ディアナの時(click!)と同様、頂いてきました。

b0026701_16173304.jpg


パパさんのランシャツもアンダーアーマーで無事ゲット165.png

場所が変わっていたけど、お店自体が広くなってて商品数もかなり増えてました。

レディースも増えてたし今度またゆっくり見て回ろう。

年明けすぐにでもまた行きたいな104.png


# by hermosaFB | 2017-12-09 16:11 | ちょっとお出かけ | Comments(0)

抜糸完了&血液検査

12月3日


今日はラン仲間達との忘年会があったので・・・、

昨日ディアナの術後一ヶ月の血液検査をしてきました。


先ずは・・・

やっと全抜糸できました~165.png

1ヶ月近くもかかっちゃいました。


そして、血液検査。

目的は胆嚢摘出時に傷ついた肝臓組織がどの程度回復しているかを確認するためだと思われます。

肝生検も一緒に行なったのが影響してるのかALTとALKPが基準値よりも若干高めでしたが、先生曰く許容範囲内で問題なしとのこと。


実はずっと元気だったのに、3日前にちょっとした嘔吐と少し緩めのウンPが出てたので、血液検査の結果が心配だったんです。

肝臓のことがあるのでどうかなと思ってたんですけど・・・、

とりあえず血液検査では問題なかったので一安心109.png


ん~、食事の量が少し多めだったのかな~?

胆嚢摘出したことで消化機能はどうしても落ちてしまうから1回量を少なめにして食事の回数を3回に増やしてみようと思ってます。


あとは久しぶりに目の調子がイマイチ。

しょぼしょぼしていた左目を診てもらったら、ちょっと傷がついていたので抗菌薬の目薬(ロメワン)を処方してもらいました。

今はそのロメワンとうちにあったヒアレインを点眼してます。

最近、不安症(?)なエルモサがやたらとディアナの顔を舐めまくるんだけど、それが原因なのかしら?

気がついたら止めさせてはいるんだけど119.png

とにかく左目の充血が早く治りますように。


血液検査ではCRP(1.35)も若干高めだったので、念のため抗生剤と炎症止めが入った点滴をしてもらいました。

点滴後の身体がこうなる(↓)とは聞いてたけど・・・、ホントにタプタプですな~119.png

初めて目にしたので思わずパチリ。

エルモサも不思議そうだね〜。プププッ125.png


タプタプ、どしたの?

b0026701_16382194.jpg


# by hermosaFB | 2017-12-03 16:31 | 病気・病院 | Comments(0)

長寿犬エルモサ♪

12月2日


エルディの住む町では、15歳を迎えたわんちゃんは『長寿犬』として表彰されます。

お友達から『11月の終わり頃にハガキが届くはず』と聞いていたので、首を長~くして待っていたところ・・・、


『平成29年度長寿犬飼養表彰のご案内』と書かれたハガキが!

イェ~イ、届きました~~~169.png

b0026701_22064853.jpg


平成14年生まれの飼養犬が対象となっていて、『長年(15年)にわたり飼養犬を慈しみいただいた功績と狂犬病予防の推進にご協力いただいたことを称え、この度あなた様を・・・』とあるので、正確には飼い主の私達が表彰されることになるんですけどね109.png


わんこの寿命は確実に延びてきているけれど、今回表彰されるのをみると、フレンチに限らず全犬種においても15歳という年齢はやっぱりまだ特別なんですね。

15歳を元気に迎えられたエルモサを誇らしく思います101.png


価値ある表彰状は2月末頃に送られてくるとのこと。

手にするのが今からとても楽しみです169.png


丸くなってるけど、見かけはまだまだ若いよ~~!プププッ125.png

b0026701_22114656.jpg


# by hermosaFB | 2017-12-02 21:56 | 無題 | Comments(0)

11月29日


今月6日にディアナは胆嚢摘出手術(click!)を受けました(胆嚢はその後病理へ)。

右側下から2番目の乳頭、肛門上にあったそれぞれのしこりについても摘出後病理へ。

摘出した胆嚢同様にずっと経過観察してきた肝臓については組織生検を行いました。


歯肉過形成の部分(組織については昨年病理検査済みーclick!)、耳の生え際のイボ、口元のイボも取り除いてもらいましたが、それらについては先生の判断で病理には出してません。


(1)胆嚢

摘出した胆嚢の中には黒い粘液状の内容物がぎっしりで、胆嚢自体はパンパンで状態はかなり悪かったようです。

見た目が凄くて心配してましたが、結果は単純な胆嚢粘液嚢腫に相当する非腫瘍性病変であることが認められ、細菌感染(培養により菌発育認めず)や悪性の腫瘍などは見受けられませんでした。


(2)肝臓

肝臓については昨年の手術時のCT検査(click!)で悪性の腫瘍等の可能性は低く嚢胞ではないかとの診断を受けており、その後はエコーで経過観察してたのですが、いざ開腹してみると強い炎症を起こしている部分が広く見受けられ、かなり腫れていました。

肝臓がこのような状態だとは想像していなかったので、以前のブログ(click!)で記したショックなこととはこの肝臓のことだったのです。


肝臓の生検は場所を間違えると取り返しのつかない事になり兼ねないので(生検後に弱って亡くなってしまうわんちゃんの症例も)、先生自身もかなり慎重になったようです。

ただ胆嚢がくっついていた場所などは状態がよく、生検に回せる場所もしっかり存在していたようで、そういう意味では本当に幸運でした。


生検の結果は胆嚢病変との関連が疑われる強い炎症所見が認められたものの、いずれの細胞にも異型性は認められませんでした。

炎症の原因となっていると疑われる胆嚢は既に取り除いてしまったのだから、この先、炎症と腫れがうまい具合に引いてくれればいいのですがね。


兎にも角にも開腹したことで、エコーでは分からなかった肝臓の状態をしっかり知ることができたので良かったです。


肝機能評価の指標となる血清総胆汁酸(食前)(食後)の値もきちんと基準値内におさまっており、肝機能も正常に働いていることが確認できて一安心です。


(3)乳頭のしこり

先日の記事(click!)のもう一つの塞がれた痕のところです。

残念ながら乳管上皮由来の悪性腫瘍性病変(乳癌)が認められました。


これは先生が気付いて切除してくれました。

結果が出る前に先生から『九分九厘乳癌でしょう』と言われていたので気持ちの整理はついていました。


ディアナは1歳で避妊手術を受けてます。

なので、女性ホルモンの影響を受ける乳腺腫瘍の発生率はかなり低いはずなのですが、今回なってしまいました。

まぁ、低いといってもゼロではないのですから仕方ないですね。

これも長生きの勲章の一つとでも思うことにしてます。

それに手術を受けなければこの段階でのしこりに気付けなかったかもしれないので、結果オーライですね。

とりあえず今回きれいに取り切れて低悪性度の乳癌とのことなので、この先転移しないことを願うだけです。


(4)肛門上のしこり

以前気付いて申告した時に大丈夫と言われてた場所なのですが、大きくなってきたので取り除いてもらいました。


良性の腫瘍性病変である肛門周囲腺腫が認められました。

きれいに取り切れて悪性所見が見られなかったので一安心です。


以上病理結果の報告でした。


13歳8ヶ月というディアナの年齢を考えて、悩んで悩んで決断(click!)した手術でした。

術後は肝臓の件もあり、先生から『体調の変化については予測がつかないから・・・』と厳しい言葉もかけられていたので、周術期を乗り切るまでは本当に心配で心配でたまりませんでした。

でも、日に日に元気になっていくディアナがそんな心配を取り除いてくれたように思います。


悪いものはもう全て取り除いてしまったんだし、術前より食事のスピードが増し、以前より動きが機敏になり2、3歳は若返ったようなディアナを目の当たりにし、手術を決断したことを今は心の底から本当によかったと思ってます。

何よりも小さな体で手術に耐え抜いたディアナの強い生命力は本当に凄いです!


老犬の場合、リスクを考えるとどうしても手術に踏み切れない場合が多々あると思います。

そのコによって個体差がありますが、14歳、13歳でも手術に立ち向かうことができたエルディの事が少しでも参考になれれば嬉しく思います。


年齢を考えるとあとどの位一緒にいられるか分かりませんが、何事もポジティブに、そしてエルディにはストレスを感じさせない毎日を過ごさせてあげたいと思います。


これからもエルディを宜しくお願いします。

b0026701_09374701.jpg


# by hermosaFB | 2017-11-29 10:13 | 病気・病院 | Comments(2)

11月26日


晴天の中、『小江戸川越マラソン』に参加してきました!


川越は『小江戸』と呼ばれ、菓子屋横丁やレトロな街並みで知られる観光地。

古い蔵造りの建物が軒を連ねる情緒溢れる街並みの中を走ってみたくて参加を決めました101.png


二人揃って10キロの部にエントリー。

大分回復してきましたが、未だ故障中のパパさん119.png

大事をとってユルユルで走るというので、大会では初めて一緒に走ることに。

b0026701_16280391.jpg


といっても9キロまでは私に合わせて走ってくれてたので余力ありありのパパさん。

残り1キロとなった時、『ゴール写真、撮っといてあげる』とだけ言い残し、あっという間に行っちゃった。

後で記録確認したら最後の1キロは2分も速かったのね153.png


カメラ片手に走ってたパパさん。

色々撮ってたんだけど、私が一番印象に残ったのはこちらの可愛い応援団110.png

b0026701_16300248.jpg


氷川神社で巫女さん勢揃い!

小旗を手にした可愛らしい声援に私も思わず手を振っちゃいました。


観光地ゆえにスタート時間が早いのもこの大会の特徴。

私たちがエントリーした10キロの部のスタートは8時半!

おかげで、走り終わってからも時間がたっぷりあって遊びに行けるのがいいですね165.png


コースになっていた蔵造りの街へ再度出向いて行って少し散策してから帰宅しました169.png

川越、いい街ですよね。

今度ゆっくりエルディと散策しに来たいなぁ101.png


参加賞は定番のスポーツタオルの他にネックウォーマーと日焼け止めクリームまでも入って、とっても得した気分125.png

b0026701_16325791.jpg


大会関係者の皆様、素敵な大会をありがとうございました。


# by hermosaFB | 2017-11-26 16:36 | マラソン大会 | Comments(0)