ありがとう2012年!

12月31日

2012年は私にとって試練の連続でした。

頑張っても頑張っても、
次から次へと、
これでもかってくらいに新たなる困難がやってきた007.gif

ホント、手強かったぞ、2012年!

でもね、困難があるからこその人生。
人生に深みが出ていいじゃないの。

と、色々と考えさせられた年でもありました。
そう、自分次第でプラスな方向にどうにでも転換出来ることを学びました。

マラソンでも、それ以外でも、
とにかく善くも悪くも駆け抜けた2012年070.gif

2013年は2012年にやり残したことを確実にやり遂げていくつもり。
地に足をつけて。
一歩ずつね。

というわけで・・・
自分を沢山成長させてくれた2012年、どうもありがとう!
by hermosaFB | 2012-12-31 17:37 | ごあいさつ | Comments(0)

12月30日(11月25日大会レポ3)

スタート直前に私は自分に問いかけてました。
レースを半分残したハーフ地点で自分はどういう精神状態でいるのかなと。
『もうあと半分しか走れないのか〜』それとも『まだあと半分も走らないといけないのか〜』
さて、どっちだろうねって。

実際ハーフに辿り着いて出た答えは残念ながら後者でした007.gif
マラソンは自分との闘いだとよく言われますが、ホントにもう気力で乗り切るしかない!

ただ、ハーフを過ぎてこれまでよりも輪をかけて辛くなったわけではない。
キツいのには変わりないけれど、ハーフ走ってきたのだしある程度辛いのは皆同じ。
それに自分は練習で33キロまでは走ってる。
とりあえずそこまでは絶対に行ける。
そこから先は、・・・・もう、もう気力で粘るしかなーーーい!!

ハーフを超えて吹っ切れたのが良かったのか?!
後半は前半よりも精神的には少し楽になれました。
といってもさすがに30キロを過ぎたあたりではこれまで何とか持ちこたえていたペースは徐々に落ちては来ました。

周りを見ると歩いてるランナーも増えてきました。
そんな光景を見てしまうとついつい弱い自分が出て来て歩きたくなってしまうのだけど、エイドとストレッチ以外で止まる事はありませんでした。

本当にキツくて辛かった。
もうフルマラソンなんて走るもんかー!って思って走ってた。
でも、なんでだろう。
なんで歩かずに走れてんだろう?

ホントに信じられないけれど、自分が大事にして来た初フルへの想いが最後は弱い自分を撥ね除けてくれたのだと思います。
終わってからラップを確認したら後半の落ち込みは自分が感じていた程ではなかった。
これは前半脚が本当に動いてなかったともいえるんでしょうけどね011.gif

大学構内へ再び入った頃には周りにはゾンビ状態になってるランナーも数多くいました。
そんな中で、辛そうなランナーに後ろから『大丈夫ですか?あと少しです。』
と声をかけて颯爽と走り去っていった女性ランナーの方がいました。
雰囲気からですが年齢は私よりも上ではないかと思われます。
その方の背中を追いながら私も将来ああいうランナーになりたいなと思いました。


身体的にも精神的にも苦しく感じることの多かった初フルマラソン。
フィニッシュラインを踏んだ時は、私でもフルを走りきれたんだという感動はもちろんですが、とにかく辛過ぎたのでやっとこの苦しみから逃れられるという安堵感が入り交じった複雑な気持ちから自然と涙が流れ落ちました。
b0026701_032530.jpg


序盤から辛く転倒もあった夫婦揃っての人生最初で最後の記念すべき初フル070.gif

記録は4時間26分○○秒(ネット)でした。
本当に終始キツいレースだったので、4時間半を切れたのは素直に嬉しいです。
でも、レース前は4時間15分ももしかしたら・・・ってほんの少しだけ思っていたので、やはりフルマラソンは甘くないですね!

パパさんの記録は3時間42分○○秒(ネット)でした。
初フルで既にサブフォ−(フルを4時間切って走る事)達成してしまったパパさん!
普通の市民ランナーはサブフォーを目標にしてるヒトも多いので私にしたら羨ましい限りだけど、本人は3時間半切りを目標にしてたからかなり悔しがっておりました。
『35キロの壁』に捕まってしまって、残り7キロのラップは私の方がよかったです。

あんなに苦しくて途中、何度も後悔したのに走り終わった今、またしっかり練習してフルに挑戦したいと思っている自分がいる。
マラソンて本当に不思議なスポーツ。

走ることの辛さ、歓び、色んな思いが42.195キロの間に駆け巡りました。
諦めなかったこと、最後まで走り切ったこと、今回のマラソンを通じて得た経験全てが私にとって一生の財産になることはまちがいありません。
大人になると何かに挑戦する意欲みたいなものを失いかけてしまうけれど、私の場合マラソンに出会えることが出来て本当によかった。

これで私の初フルレポは終わります。
12月は色々あってレポ書き上げるのも遅くなってしまいましたが最後まで読んで下さってありがとうございました。
愛おしいレースを記憶だけでなく記録にも残しておきたいのでこんなに長くなってしまいました。

最後になりましたが、ずっと沿道で応援して下さった皆さん、大会関係者、ボランティアスタッフの皆さん、ありがとうございました040.gif
by hermosaFB | 2012-12-30 23:49 | マラソン大会 | Comments(2)

12月29日(11月25日大会レポ2)

スタートしてから数キロは筑波大学内を走ります。
校内の黄金色に輝く銀杏並木が本当に美しくて感動ものなのですが、それに目を奪われてるとヤバいです。
b0026701_18301533.jpg
大学内ということでコースはカーブが多かったりするのですが、段差や突起物も意外と多く、
特に最初の1キロ程は渋滞で思う様に走れない為ランナー同士が近いのでより注意が必要です。
私も早々に近くを走ってた女性ランナーの転倒や転びやしないけどつまずくランナーを数名見ました。
これは気をつけて走らないと危ないな〜と気を引き締めましたが、まさかこの数キロ後にあんな事が待ち受けているとは・・・008.gif


ゆっくりペースで進んでいるもののずっと脚がだるく重いな〜と感じてました。
この感覚は走り始めにはよくあることなのですが、6キロ、7キロと進んで行っても全然変わらない。
目覚めも良く今日は体調がいいかも〜と喜んでいたのにイマイチな走り出しの感覚に不安が募ります002.gif

それでもランニング本に書かれている『フルマラソンは序盤は身体が重いくらいに感じてる方が後半良い走りが出来る』を信じて、
このくらい抑えめで走れてる方がいいのだと自分を納得させながら進んで行きます。
実際は『あえて抑えめで』ではなく『これ以上は上げられない』が正しいのですがね。
そう、まだ10キロも走ってないのにこの辛さ!
これはキツいレースになりそうだなとこの時点で既に覚悟していました008.gif

つくばのコースは最初と最後に坂があるものの全体的にはほぼフラットなコースで21キロ地点で折り返すコース。
遠くに筑波山を眺めながら紅葉も一緒に楽しめるので、このコースを走れる事に感謝し、思う存分楽しもうと思ってました。

でも正直、気持ち的にかなり苦しい。
楽しもうなんて余裕、全然ない!
まだ序盤なのに何でこんなに辛いのだろうと何度も自分に問いかけてしまう。
情けないんだけど、とにかく脚がだる重〜〜〜!

もうすぐエイドだしそこで給水して気分転換しよう!
そう思って寄った12キロ付近のエイド前でまさかのアクシデント!
背中を誰かに強く押されてそのまま前のめりに大転倒!

胸と膝を強打してしまいました。
『え〜〜、何で?ウソでしょ?!ウソでしょ?!え〜〜』て感じでこんな所で転倒してしまった事がもう悔しくて悔しくて。

その後うつ伏せ状態で自然に『い、痛い〜』と呟いたことは今でもしっかり覚えてます。
倒れたのがエイドの真ん前だったのでランナーでいっぱいの中、ボランティアの人達の『大丈夫ですか?』の声の多さに励まされてとにかく必死で立ち上がりました。
おかげでド派手な転倒だったにも拘らず倒れてた時間は、十数秒だったと思います。
心配して声をかけて下さったボランティアの方々、本当に本当にありがとうございました040.gif

こんな事で完走出来なかったら絶対後で後悔する!
再び走り始めた瞬間はそう思ったのですが、たった12キロ地点での想定外の出来事にかなり凹んだのも事実。
そして気が動転してたのもあって目的の給水が出来なかったことに気付いてまた凹みました008.gif

こすって強打した胸の痛みが結構あったので暫く手で胸を押さえながら走りました。
膝も強く打ち付けたので後から確認したら大きな青あざが出来てましたが、やっぱり気が張ってたんでしょうね。
幸運にも膝の痛みは最後まであまり感じずに走る事が出来ました045.gif

身体的に(精神的にもだけど)感じる辛さは相変わらず。
ハーフまでまだ辿り着いてない中でのこの辛さはかなり堪えてました。
ペース上げて走ってるならある程度キツいのも分かるけど、想定していたペースにも全然上げられないのです。
とにかく14キロ、15キロ、16キロ・・・って1キロ毎の表示確認しながら、
『ハーフまでまだまだだ〜〜』とか『あぁ、何で今日はフルなんて走ってるんだろう』とか弱い自分がチラホラ出て来てしまった。
キロ表示に書かれている名物コメントを読む気力も全然なし025.gif

ハーフで折り返して来たランナー達から勇気をもらおう!
そう思って道路の真ん中よりを走ったり、自分なりに気分転換を図りながら重い脚をとにかく前へ前と運びました。

長く真っすぐなコースは今日の私にはかなりキツいなぁ。
何度も折れそうになる弱い心と闘いながら何とかハーフ地点にやってきました。
まだハーフなのにここまでもがホントに長かった・・・042.gif

レポ3に続きます。
by hermosaFB | 2012-12-29 18:27 | マラソン大会 | Comments(0)