プレゼント♪

9月27日

じゃ〜んemoticon-0159-music.gif
エルモサの誕生日プレゼントですemoticon-0115-inlove.gif
b0026701_1795086.jpg

といってもディアナもいるのでもちろん2匹分emoticon-0105-wink.gif
多頭飼いのお家は大変ですよね。
まぁ出費はかさみますが、その分おソロで着せられるので良しとしましょうemoticon-0148-yes.gif

エルディ家ではこれまでハーフチョークと普通の首輪しか使ったことがなくて、
エルモサ14歳、ディアナ12歳半にして初ハーネスとなります。
こちらのハーネスは胸部分にクッション性があって肌あたりが優しそうなのが気に入りましたemoticon-0109-kiss.gif
首輪にしろリードにしろここ何年かはまたドッグデプトさんのものを愛用させてもらってるなぁ。

シニアになって器官の石灰化など気になる部分も出てきたのでハーネスがあってもいいかなと。
首輪と胴輪、それぞれメリット、デメリットがあると思うので上手く使い分けていこうかなと思ってます。
ほぼ気分次第になりそうだけど・・・emoticon-0128-hi.gif

色はね、
b0026701_1722593.jpg

ディアナがグリーンを選択したようなので?!(←主役の意見じゃないけどね)
私の意見と同じなのでその通りにしてあげよう!プププッemoticon-0136-giggle.gif
by hermosaFB | 2016-09-27 17:30 | ブヒファッション | Comments(0)

抜糸終了!

9月26日

エルモサですが・・・
22日に残り6針分の抜糸をしてもらい無事に全ての抜糸を終了しましたemoticon-0148-yes.gif

黒くなっている端っこのカサブタも取れて早く綺麗なお肌にも〜どれemoticon-0128-hi.gif
お腹の毛も早く生え揃うといいなぁemoticon-0142-happy.gif
b0026701_17193320.jpg

by hermosaFB | 2016-09-26 17:49 | 平素な一日 | Comments(0)

復活散歩♪

9月24日

雨が降り出す前に車でお出掛け。
行き先は近場の『新しい村』emoticon-0100-smile.gif
b0026701_1682423.jpg

今日も後方には恐怖のアトラクション”レジーナ”から黄色い悲鳴が響いてましたね〜emoticon-0136-giggle.gif
b0026701_1691785.jpg

術後、病院以外の場所へ車で繰り出すのは初めてのエルモサ。
車に乗らせる時にはまた病院かと思ってるのか嫌々モードだったエルモサemoticon-0141-whew.gif
どうだろう・・・とちょっと心配でしたが病院じゃない事が分かると豹変!
心配無用でしたemoticon-0105-wink.gif

足取りもしっかりしてたし涼しかったおかげで最後までイケイケモードのエルモサemoticon-0148-yes.gif
すっかり復活デス!
これで手術のトラウマが綺麗さっぱり消えてくれればいいなぁ。
b0026701_16101747.jpg

もちろんディアナも元気いっぱい!
このコは人がいる方へ行きたがるので方向転換させるのが大変なんですemoticon-0141-whew.gif

ザリガニに興味津々のディアナ。
顔突っ込みそうになり『食べないでね〜〜』とおじさんに言われちゃったね!プププッemoticon-0136-giggle.gif
b0026701_16103682.jpg

エルディの向こう側には鮮やかな曼珠沙華。
まさかここで鑑賞できるとはemoticon-0159-music.gif
b0026701_16104871.jpg

マンションに戻ったらマロンちゃんに超久々に会えちゃったemoticon-0109-kiss.gif
エルモサと同じ2002年組。
まだまだお互い元気に頑張ろうね!
b0026701_1611048.jpg

雨に降られずエルモサが術後初のお出掛けを楽しめて良かった〜emoticon-0115-inlove.gif
by hermosaFB | 2016-09-24 16:13 | お散歩 | Comments(0)

9月22日

17日土曜日。
手術から一週間が経ち、病理検査の結果を聞きに病院へ。

ディアナを付き添いとして連れて行ったおかげで、待ってる間も気を紛らすことができ助かりました。

診察室に入るやいなやT先生の第一声『エルモサ、その後脚の具合どう?』
あれから脚の震えも治まってたので『大丈夫みたいです』と返答。
続けて先生が『エルモサ結果よかったよ』と。
『えっ、えっ、うわー、ほ、ほんと、で、す、かーーー!!』
答えながら肩の力がす~~~っと抜けてく感覚が・・・
意識してなかったけれど、相当緊張してたのね、自分。

病理検査の結果は”結節性過形成”という非腫瘍性の病変と診断されました。
つまり恐れていた悪性ではありませんでした。

脾臓腫瘤はかなりの確率で悪性腫瘍の場合が多く、もしそうであった場合は予後も悪いという事を発見された際に既に先生から聞いてました。
一方で、今回のエルモサのようなケース(約3割)がある事も知り希望を持ち続けてました。

今回は原因の一つに加齢も挙げられるが何らかの刺激による炎症で脾臓の一部が腫大したのであろうと。
摘出することで根治的な治療になります。
予後も良好なので本当にエルモサってなんて強運なの!
本当に本当に良かったーー!!

今回バースデー検診でエルモサは腫瘤が見つかり命拾いしました。
検診の時期がもう少し後になってたり、年齢や体力の心配から手術を躊躇して治療のスタートが遅れてしまったら腫瘤はどのくらいまで肥大して一体どうなっていただろうと想像するだけで本当に恐ろしいです。

ある程度の年齢に達したら検診の頻度も半年に一度くらいに上げた方がいいですね。
今回の件で3月に検診受けさせたディアナのことも心配になりました。
近々受けさせようと考えてます。

なお、成犬になるとたとえ脾臓がなくても命の維持にはそう問題が生じるわけではないので、それに関して神経質になる必要はないとのこと。

今月初めに想定外の事が起こり重苦しく長い2週間でしたがようやく決着がつきましたemoticon-0148-yes.gif
結果オーライ!終わりよければ全てよし!
お腹から爆弾が消えて笑顔のエルモサemoticon-0115-inlove.gif
b0026701_1692921.jpg

今現在のエルモサですが、”元気婆ちゃん”なエルモサにすっかり戻ってますemoticon-0109-kiss.gif
有難いことに食欲は入院中から一度も衰えることなく家に戻ってからもガツガツ食べてます。
術後5日目位からはひとりアヘアヘもお散歩前のイノシシ走り(やりすぎ注意)も復活してこちらがハラハラする程です。
お散歩でも『エルモサちゃん、元気そうだね』と言われるのでこちらから『実はね~』と説明しなければ気付かれません。

14歳で脾臓を失ってしまったけれど、私達は新生エルモサの誕生だ!と思ってますemoticon-0105-wink.gif
これからも元気に一日でも長く共に時間を過ごしていければと願います。
ご心配おかけしてすみませんでした。

*備忘録(その1~その5)が長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございましたemoticon-0139-bow.gif
by hermosaFB | 2016-09-22 16:19 | 病気・病院 | Comments(3)

9月20日

退院してホッとしたのも束の間、翌日(14日)エルモサにちょっと異変が!
朝は普通にしてたのに私が帰宅した夕方、息遣いが荒い様子のエルモサに気づきましたemoticon-0101-sadsmile.gif

手術して間もないし多少は仕方ないのかな・・・とそのうち落ち着いてくれることを期待しつつ外の空気でも吸わせてあげようといつものお散歩バッグを見せたところ明らかに変!
ずっと四つん這いのままリビングにいて一向に玄関に来る気配がありませんemoticon-0107-sweating.gif

エルモサの様子を確認しに行くと息遣いが荒いまま後ろ足がちょっと震えてました。
撫でてもお座りもフセもしたがらないこの感じ・・・”あの時”と似ている。
そう、”あの時”とは・・・

時はエルモサ3歳の時に遡りますemoticon-0158-time.gif
ドッグランの入り口でフレンチの男のコにいきなり喰いつかれたのです(飼い主さんが持ってたリードを振り払って飛んできた)。
飼い主さんが何度もそのフレンチのコのお腹をパンチして離そうとしてもエルモサの頬っぺたに喰いついたまま一向に離れようとせず、エルモサも泣きわめいて大変でした。
その後、病院へ行き手当てしてもらい傷自体は大事には至りませんでしたが、とんだ災難でした。
そして、その数日後にショックから一時ヘルニア予備軍のような腰砕け状態になったのでしたemoticon-0106-crying.gif

エルモサって神経質で顔に似合わずデリケートちゃんなんです。
なので今回は手術が原因でそのショックから”あの時”と同じような症状に陥ってしまうことも十分ありうる?
だったらこのまま様子見でも大丈夫かな?
でも、もし今回は本当にヘルニアになりかけてたら・・・

悩みましたが結局病院へ連れて行きました。

診断では少し麻痺してるようにも見えるけど、このくらいだったらまだまだ大丈夫とのことでした。
エルモサの性格もあるし、今現在傷口のために抗生剤飲ませてるので、低用量のステロイドを一発だけ注射してもらいました。

翌日(15日)、足の震えは落ち着きフセもできるようになってました。
回復してくれてたので一先ず安心しましたemoticon-0144-nod.gif
もしかしたら傷口がまだ引きつっててふとした動作による痛みを感じてたのかもしれません。

病理検査の結果まであと三日。
まだドキドキの日々が続きます。
誕生日前にスッキリしたかったけれど・・・
でもお家で誕生日を迎えられるのは本当によかったですemoticon-0148-yes.gif

続きます・・・。
by hermosaFB | 2016-09-20 17:26 | 病気・病院 | Comments(0)

9月19日 

12日、術後の経過は良好なのでその後問題がなければ13日には退院の運びになるとの連絡を受けました。

大手術ではなかったものの開腹して内臓ひとつ摘出してるわりに術後3日で退院とはemoticon-0104-surprised.gif
想定してたより全然早い退院にビックリしたのと同時にエルモサの回復力の早さに脱帽。
とにかく嬉しいーー!!

翌日迎えに行くと、まぁ、予想はしてましたが、ちょっとブータレ気味のエルモサが出てきましたemoticon-0141-whew.gif
足取りはしっかりしてて見た目には術前とそんなに変わらない。
傷口は痛々しかったですけどね。
思わず『エルモサ~頑張ったね〜!』と人目も憚らずハグしてしまいましたemoticon-0109-kiss.gif

3日ぶりの我が家にエルモサもようやくリラックスemoticon-0142-happy.gif
といってもさすがにまだ本調子とはいきません。
ゆっくり焦らずいこうね、エルモサ!

ディアナも久しぶりのエルモサ姉さん登場にこれでもかってくらいクンクンクンクン。
ずっとひっつき虫になってましたemoticon-0111-blush.gif
エルモサのことを頼りにしているからきっと安心したでしょう。

傷口はこんな感じ。
b0026701_16263537.jpg

12針でさすがに避妊手術の時よりも長い傷口。
これから何回かに分けて抜糸していきます。
抜糸が全て済んで傷跡が早くきれいになりますように。

続きます・・・。
by hermosaFB | 2016-09-19 16:36 | 病気・病院 | Comments(0)

9月18日

10日土曜日。
手術当日なので朝から落ち着かない。

当のエルモサはというと、いつもと変わらず元気一杯!
こんなに元気なのにね・・・と顔見るだけで悲しくなってくるemoticon-0106-crying.gif

食欲旺盛なのにこの日は絶食。
こういう時、多頭飼いってホント困ります。
ディアナを別部屋に連れてってこそっとご飯をあげて戻ってくると、
エルモサが『アタシには?』『いつご飯くれるの?』ってこちらを見上げてる。
あー、切ない。

病院へ行く前に軽く朝散歩emoticon-0169-dance.gif
マーキングも沢山して散歩でもいつもと変わらないエルモサ。
『これから手術を受けるなんて信じられないね!』
エルモサに何度も話しかける自分がいる。
往生際が悪くて本当に自分のことが嫌になるけど、言葉に出してる方が気持ちが楽になるような気がして・・・emoticon-0101-sadsmile.gif

病院で別れる時には『頑張るんだよ』と一言だけ。
最初、病院にカメラを持参してエルモサの姿を収めようと思ってたんです。
そしたらパパさんが『いつもと違う行動とると良くないんじゃない』と言うので止めました。

手術は午後なのでディアナと散歩してても時計ばかり気にしてしまいディアナには申し訳なかったな。

夕方になっても病院から特に電話がなかったので、手術は無事終わったんだと胸を撫で下ろす。
約束の18時頃、説明を聞きに病院に向かいました。

予定通り何の問題もなく手術は終えたとのこと。
診察台の上には摘出前のと後の脾臓写真2枚が比較できるように置いてありました。
腫瘤自体は一つ。
摘出前のはまだ血管が集まってるせいで腫瘤はかなりの盛り上がり。
大きさにショックを受けました。
摘出後のは腫瘤が分かりにくくなってて『同じ腫瘤?』と思えるくらいに萎んでました。
実際の腫瘤の大きさは確か2.8センチ位。
先生は敢えて肉眼で見た印象について何も言わなかったけれど、私自身はこの時『もし悪性だったらこんなに摘出後に萎むかなぁ』と直感的に感じました。
病理には出来るだけ早く出した方がいいという先生の判断でホンモノは見る事が出来ませんでした。

後は病理検査の結果次第で今後の治療方針が決まります。
1週間後には判定が出るとのことですが、長い一週間になりますね。
その間にエルモサの誕生日が来てしまう・・・emoticon-0141-whew.gif

自分でも脾臓腫瘤、脾臓摘出について色々調べましたが悪い情報ばかりがやたら目についてしまい、毎日パパさんに怒られてます。
先走って頭でっかちになる悪い癖は中々克服できません。はぁ~emoticon-0101-sadsmile.gif
もうパパさんの言う通り、結果が出てから悩もうと思います。

とにかく手術は無事に終わったのです。
全身麻酔にも耐えてエルモサは手術を乗り切ったのですemoticon-0148-yes.gif
心配していた第一段階突破!

帰り際、麻酔から覚めたエルモサに会ってきました。
診察室の奥のドアを開けると犬生初のエリザベスカラーを付けた少し息遣いの荒いエルモサがすぐ目に飛び込んできました。
知らないうちにお腹切られちゃって、気付いたら狭い所に入れられちゃって、きっと混乱してると思います。
術後ということで痛みだって当然あるでしょう。
それでも私達に気付いて立ち上がって顔を覗き込んでくれましたemoticon-0142-happy.gif
涙がこぼれそうになりましたが、看護師さんもいたのでグッと我慢しました。

犬って本当に強い!
エルモサ本当に頑張ってくれました!!

続きます・・・。
by hermosaFB | 2016-09-18 18:39 | 病気・病院 | Comments(0)

9月17日

突然エルモサに降りかかった犬生最大の試練emoticon-0101-sadsmile.gif
長くなるので数回に分けて備忘録として記しておきたいと思います。

今月は後半にイベントを控えてるので例年より少し早めにバースデー検診の予約を入れてました。
先日記したように検診日は3日の土曜日。

エルモサは今年2月に前庭疾患で入院(click!)してます。
全身麻酔をしたついでにその時エコー含め全身くまなく診てもらってました。
そんな理由から毎年バースデー検診の結果を聞く時はドキドキなんですが、今回は半年前にも診てもらってるから大丈夫だろうという安心感をどこかに持ってました。
今となっては慢心以外の何物でもないんですが・・・emoticon-0101-sadsmile.gif


ズバリ脾臓の腫瘤を指摘されてしまいました。
エコー画像から大きさは約2.5センチ程。
半年前のエコーでは写ってなかったようでここ数ヶ月で大きくなったものだろうと・・・。
えっ、そんな・・・正に晴天の霹靂。
犬はヒトの何倍もの早さで時を刻んでいってるんだよと画像の中の腫瘤が訴えているようでした。

脾臓は症状が出にくい臓器であるため、今回検診で見つかったエルモサはラッキーですよと先生から言われました。
そうは言われても頭の中では『なぜ?』『どうして?』のワードがグルグル。

普通に食欲旺盛だし、今でもお散歩前の歓喜のイノシシ走りは決まりごと。
だからおそらく検診受けさせてなかったら気付けなかったです。
きっと今よりも腫瘤が大きくなって脾臓破裂で運ばれてたことだってあったかもしれない。
そしたら良性だったとしても助かることはなかったでしょう。
そう考えたら恐ろしくなって、逆にこのタイミングで見つかったことに感謝できました。
正直今でも信じられないけれど、14歳なんだよね、エルモサは。
こういう事がいつ訪れてもおかしくない年齢。
10歳を過ぎた頃からは毎日が神様が与えてくれたご褒美だと思って生活してきたし、事実は事実としてしっかり受け止めようと頭の中では理解しているつもり。
でも、実際に直面したら頭全体が拒否反応を起こしてしまうのが現実。
あー、未熟な自分に腹がたつ。
辛いです。

脾臓疾患の場合、症状が重くなると貧血等が現れてくるのでしょうが、エルモサのように尿検や血液検査では異常が見つからない場合もあるので一般検査だけしてても見逃してしまうおそれがあります。

脾臓に腫瘤が見つかった場合、手術での脾臓全摘出がベストの選択肢。
その後、病理検査に出して良性か悪性かの判断がつきます。
エルモサの場合は年齢の割に元気なので手術する上での心臓や体力の不安はまず大丈夫でしょうと言われました。

でも全身麻酔でメスを入れて内臓ひとつ全摘するのだからエルモサにかかる負担はかなりなもののはず。
避妊手術の時も心配したけれど、その時とは年齢もいってるし比べ物にならない位に不安で不安でいっぱいです。
それでも避妊手術、前庭疾患の時にお世話になった信頼しているT先生だから絶対大丈夫!
と自分に何度も言い聞かせました。

手術日は最短で先生が執刀可能な10日の土曜日に決まりました。
脾臓摘出手術は比較的多い手術とのことでT先生自身も十分場数を踏んで自信を持ってらっしゃるとのこと。
検査結果でおそらくエルモサの場合は輸血も不必要で30分から1時間のうちには終了するでしょうとのことでした。

手術までに服用させる炎症止めを貰って病院を後にしました。
本来なら検診結果聞いてスッキリして帰宅するはずが、こんなにも重い足取りに変わるとは・・・emoticon-0106-crying.gif

脾臓に爆弾を見つけてしまったので何気なくしてた抱っこの仕方にも気をつけなければならなくなりました(圧力かけるとマズイので)。
放っておくとディアナとブヒレスしちゃうし、ひとりアヘアヘもしちゃうから気が気じゃありません。
散歩は無理しない程度なら大丈夫とのことだけど、とりあえず胸のあたりを圧迫させないよう椅子の下とかに潜り込むことはやめさせなきゃ。
とにかく手術の日まで気をつけて生活しなければ。

続きます・・・。
by hermosaFB | 2016-09-17 16:56 | 病気・病院 | Comments(0)

エルモサ14歳♪

9月16日

今日は待ちに待ったエルモサの誕生日emoticon-0159-music.gif
なんと14歳になりましたーーemoticon-0123-party.gif
おめでとうエルモサemoticon-0109-kiss.gif
いつも側にいてくれてありがとう!
そしてそして・・・よく頑張ったね!

なんかされちゃったみたいだけど元気だよ~
b0026701_17352981.jpg


今月2日のブログ(エルモサ月間)は誕生日の14日前。
その時は普通に考えて誕生日までこのまま平穏無事に過ごせるものだと信じて疑わなかった。
本当に老犬とは思えないほど『元気婆ちゃん』そのものだったんですもん。

翌日3日にちょっと早めのバースデー検診を入れてました。
そこで状況が一変!
エルモサに犬生最大の試練が降りかかりましたemoticon-0101-sadsmile.gif

詳細はまた後日改めて書かせてください。
by hermosaFB | 2016-09-16 17:46 | スペシャルデー | Comments(4)

ブログ開設12周年♪

9月14日

エルディと共に歩み続けてきたBeautiful Moonemoticon-0115-inlove.gif
おかげさまであの日から(click!)開設12周年を迎えることができましたemoticon-0159-music.gif
いつも読んでくださってる皆さん、ありがとうございますemoticon-0139-bow.gif

とにもかくにも今日までエルディが元気でいてくれたからここまでこれた。
エルディには感謝の気持ちでいっぱいemoticon-0142-happy.gif
この先どこまでいけるか分からないけど、エルディと一緒に頑張りますemoticon-0148-yes.gif

ご飯待ちのエルディ
12周年はアタシ達のおかげだよ~
b0026701_1055169.jpg

by hermosaFB | 2016-09-14 10:07 | ごあいさつ | Comments(2)