カテゴリ:病気・病院( 121 )

10月18日


こちらも内容が前後しますが・・・って、もう2ヶ月も前のこと106.png

8月12日に1ヶ月前倒し(click!)で受けさせたバースデー検診の結果について記しておきます。


この日は只の月一ケアだけのつもりで受診したので尿検以外の血液検査、レントゲン、エコーの3項目。


先ず、何故前倒しで診てもらうことになったかというと・・・、

『エルモサの咳がここ最近頻発していることが気になる』と若先生に相談したら『原因が心臓だとしたら後で後悔することになるかもしれないから来月するつもりなら今月した方がいいのでは・・・』と促されたからでした。


心配になり急遽受けさせたものの結果は3項目とも前回とほぼ変化なしで一安心165.png

腎・心・気管の状態も落ち着いていました。


これまでエルモサの咳の事については特に触れてきませんでしたが、一年程前に老化による気管虚脱が判明し、それによる咳症状が出始めました120.png

加えて心臓の三尖弁の逆流が原因の失神を過去に起こした事があったので、咳の原因が心臓絡みなのか気管虚脱関連のものなのかを区別する必要があったのです。

若先生が『前倒しで・・・』と勧めた理由はここにありました。

もし心臓絡みだとしたら命に関わりますからね。

心臓が原因の咳ではないことが早期に分かって安心しました。


現在、咳の方は頻発するようであれば頓服薬(吐き気止めを適応外で使用)を飲ます事でコントロール出来ています164.png

水を飲んだ後や体勢を変えた後など・・・、咳の出やすい状態がある程度は把握できてます。

これから寒くなるし乾燥する季節へと移行していくので、咳には要注意な季節(ヒトもですよね)

年齢の割に今でもかなり動き回れちゃうので無理させないようにしないとだわ。


老犬の場合は熱中症の時期が終わっても色々心配事が絶えません119.png

今の所エルモサ自身は咳が苦しくて寝られないという事はないし、いたって普通にしているので私達もあまり神経質にならないようにしています。

b0026701_16454899.jpg

by hermosaFB | 2018-10-18 16:46 | 病気・病院 | Comments(0)

10月17日


3月のバースデー検診(click!)から4ヶ月後の7月14日の検診結果を未だ記載していませんでした119.png

病院記録は度々チェックするので備忘録として残しておかないと!


項目は前回と同じく尿検、血液検査、レントゲン、エコー。


気になったのは以下の3点。


1)尿検で比重が前回同様やや低めだったこと。


2)UPC(尿タンパク/クレアチニン比)が基準値内(<0.5)とはいえ0.3とこれまでで一番高かったこと。

ただ、エルモサのフードを腎臓サポート療養食に切り替えた際にディアナにも同じものを食べさせ始めた(先生に相談済み)のでUPC値は神経質にならなくていいと思う。

変動も大きいので一時的かもしれません。

様子見です。


3)血液検査でALKPだけがまだ若干高め。

術後は大体350~450(基準値23-212)を行ったり来たり。

胆嚢摘出しているし肝臓のこともあるから急激な上昇変化には要注意だが、一応想定内とのこと。


次回は4ヶ月後だから・・・あー、もう来月に迫っている135.png

食欲もあるし元気だから次も変化がありませんように。

b0026701_16345939.jpg

by hermosaFB | 2018-10-17 16:30 | 病気・病院 | Comments(0)

49歳!

10月8日


3連休の最終日はエルディの病院へ。


月一ケアとフィラリア予防薬と日常の薬をもらいにね109.png


最近はどこに行ってもエルモサが一番の長老になる機会が多いんですが、この日は大先輩に遭遇!

b0026701_22143832.jpg


上の写真でエルディの横にいるダックスさん!

な、なんと、今年の7月で19歳になったんですって!!

素晴らしい~~~~113.png


よってブログのタイトルの49歳は3匹の年齢を足した年齢でした129.png


犬種の違いはあるけれど、19歳は本当に凄いと思います。

20歳になったら振袖着せてあげるのかなぁ126.png


by hermosaFB | 2018-10-08 22:11 | 病気・病院 | Comments(2)

病院行くのも大変!

7月14日


3連休の初日。

朝一でエルディの病院へ。


病院へ連れて行くのも躊躇しちゃうくらいの暑さが続いてますね174.png

車での移動ですら危険だと感じてしまう。はぁ~~~143.png


さて、3連休ということで院内は空き空き~!

病院苦手なわんこさんも多いけど、エルディは昔から病院好き好き~!なので助かってます165.png


まだ誰もいない待合室で自由きままなエルモサ婆ちゃん105.png

b0026701_18180344.jpg


一方のディアナ婆ちゃん、こちらは人が現れてからが本領発揮!

猫ちゃん連れのおじさんに『かまって、かまって~~』と必死にアピール中129.png

沢山ナデナデしてもらいご満悦でした。

b0026701_18185131.jpg


老犬になってもふたりともやってることは全然変わってないのよね110.png

行動だけ見てると実年齢を忘れてしまいます。

可愛がってくれたおじさんに年齢告げたら驚かれちゃいました。

それと年齢の割に毛並みがキレイだと褒められて嬉しかったです102.png


床がひんやりして気持ちよかったらしく次の患者さんが来るまではずっとこの体勢でした。

今日はほぼ貸切状態だったね109.png

b0026701_18221736.jpg


by hermosaFB | 2018-07-14 18:13 | 病気・病院 | Comments(0)

通院日

6月16日


エルディの薬が切れるので1ヶ月ぶりの病院へ。


こんな写真ですが、エルモサはお陰様で元気です!プププッ125.png

よってプレドニンは隔日から3日に1回の服用へ。

b0026701_18150912.jpg


全盛期は12キロ近くまであった体重も今は10.3キロ(ここ数年は太らせないように気をつけていたので11キロには到達しないようにしてたけど)

痩せちゃったな~と気になっていたけど、先月からは変化なしだったのでとりあえず一安心112.png

体重減少の原因にステロイドによる筋肉萎縮も考えたけど、服用期間と量で判断するとあまり影響ないとのこと。

加齢が一番の原因だとか・・・?

この日は院長先生不在で若造先生だったけど、まぁ、獣医さんは皆さんそう言うでしょうね。


前庭疾患を再発時(click!)、年齢のことを考えて積極的な検査はしないという選択をしました。

なのでプレドニンは予防的に飲ませているんだけど、正直、止めどきが難しいのよね119.png

食欲はあるのでこのまま体調崩さず体重も出来るだけキープしていければいいのだけど・・・。


ディアナは月1のケアのみ。

変わらず元気です165.png

先日のシュロッセでの写真が可愛かったので、載せておこ~~110.png

b0026701_18185562.jpg


これからは厳しいシーズンが待ってるね122.png

ふたりとも頑張っておくれ~~~!


by hermosaFB | 2018-06-16 18:14 | 病気・病院 | Comments(0)

元気です!

5月19日


プレドニンを1週間飲み切ったので病院へ。


歩いたりする時のバランスの悪さは相変わらずなのですが、先生の診断では左後脚の反応は先週よりも良くなっているとのこと。

よって、この先1ヶ月はプレドニンを隔日服用にして様子を見ることになりました101.png


病院を後にして近所の風の通る公園169.png

ここはかつてわん友と遊んだり、ボール投げもいっぱいした公園。


歩くのはちょっと下手になっちゃったエルモサだけど、相変わらず元気は有り余っています~165.png

b0026701_17270217.jpg


筋肉が大分落ちちゃったので斜面でコケちゃったりするけれど、エルモサ自身は歩きたくてうずうずしてるよう109.png

b0026701_17284219.jpg


やっぱりアタシ散歩がスキーーー!

b0026701_17291325.jpg


もぐもぐタイムも忘れないでよっ!

b0026701_17294445.jpg


エルモサと一緒だとディアナもこの笑顔110.png

b0026701_17302990.jpg


お蕎麦屋さんの前でこんな可愛いコに出会っちゃいました126.png

若くて羨ましいな。

先代ちゃんはフレンチだったそうです。

b0026701_17311612.jpg


ご心配おかけしてますがエルモサはこんなに元気です165.png


by hermosaFB | 2018-05-19 17:24 | 病気・病院 | Comments(0)

エルモサ二つ目の災難

5月18日


続きです。

エルモサに起きた災難の二つ目は・・・


2年前(click!)に発症した前庭疾患の再発134.png

最初の時もそうでしたが、今回も前触れなく突然の発症。

GWが始まった先月28日の早朝のことでした。


いつものようにエルモサをサークルから出して歩いている姿を何気なく目で追っていたんです。

何だかちょっと後脚がもたついているような気がして近づいていったら身体が急に左側に傾き始めて倒れこんでしまいました。

咄嗟に顔を覗き込んだら既に眼振が始まってました。


直ぐさま『再発』の2文字が頭をよぎりましたが、前回ほど取り乱すこともなくこちらも落ち着いて対処することができたと思います。


今回の原因のひとつに私達は内耳炎による神経の炎症が関わっていたのではと考えています。

老犬になってから内耳炎に罹患しやすくなったエルモサの耳(特に右耳)には日頃から注意を払ってきましたが、この時も右耳の奥にかなりの異物が溜まっていて今回の再発に少なからずも影響を及ぼしてしまったような気がします。

肛門嚢破裂の件もあって耳のケアを少し疎かにしてしまってたことを猛省143.png


前回の発症では1週間の入院を余儀なくされましたが、今回は入院するほど重い症状ではなさそうということで、自宅での様子見を提案されました。

肛門嚢破裂で服用していた抗菌薬の継続服用を指示され、新たに浮腫みをとる液体の薬(イソバイド)が1週間分処方されました。

それと抗菌薬の点耳薬です。


4日程経過した頃から眼振は治まってきましたが、足元はまだ時々フラつきトイレやベッドのちょっとした段差につまづいてしまうことは相変わらず続いていました。


前回は発症から約2週間で完治に辿り着けたので、今回もとりあえず2週間は静観することとしました。


でも薬が切れるので発症1週間後に再受診。

そこで先生からふらつきの様子を診てもらった結果、今回は年齢を考えて脳障害のことも念頭に入れておいた方がいいと告げられました148.png

犬種の中でもフレンチは脳疾患が多いらしいです。

その上エルモサは4ヶ月後には16歳を迎える老犬ですものね。


若ければ違った選択をしたかもしれませんが、今回はMRIやCTなどの検査はしません。

たとえ原因がハッキリして脳に何か疾患が見つかったとしても今はもう放射線治療などの積極的治療には手を出さない方針だからです。


もしかしたら近いうちに痙攣などの発作を起こしてしまうかもしれません。

でもこの先何も起こさず生涯を全うしてくれることだって大いにあり得ます。

ただもう何が起きてもおかしくない年齢であることだけは確かなこと。


1週間後の再受診ではこれまでの薬の代わりにステロイド(プレドニン)が1週間分処方されました。


現在、プレドニン服用時の典型的症状である水のがぶ飲み&シッコの回数が凄く、ペットシーツの使用量が半端ないです。


発症してから明日で丁度3週間。

最初のうちは前回より軽いと思っていた症状でしたが、今回はよろめきなどの運動失調と斜頸などの後遺症が多少残ってしまいました。

それでも普通に歩いたりトイレもひとりで出来てます。

振り返ったりした時にバランスを崩してしまうことがあるので怪我をしないよう最近サークル内の環境を少しだけ替えてみました165.png


内耳関係は気候の影響を受けやすいので、昨今の不安定な気候には本当に困ってます。

これから猛暑に向かっていくし心配が尽きません。


動きがちょっとおぼつかないのでエルモサ自身も戸惑っているかもしれません。

でも頑張っているのでこれからも応援よろしくお願いします。


by hermosaFB | 2018-05-18 23:03 | 病気・病院 | Comments(0)

エルモサ一つ目の災難

5月17日


今日も5月にしてはあり得ない位の暑さですね122.png

湿度もちょっと上昇気味だからヒトもわんこも体調管理が大変。

エルディは風の通る涼しい廊下でZZZzzz・・・152.png

b0026701_22152382.jpg


さて、我が家のエルモサ婆ちゃん。

先日のブログでちょこっと触れた通り体調を崩しておりました119.png

実は二つの災難に見舞われてしまいまして・・・


一つは肛門嚢破裂。

数年前から右側の肛門嚢が硬くなり絞りずらくなっていました。

年齢と後遺症の事を考えて手術は最初から考えてませんでした。


普段からエルモサ自身が特にオチリを気にすることもなくウンPの時も気張ることなく普通に生活出来てたので、このまま最期まで破裂は回避できればなぁ~と願っておりました。


もちろん受診の際には肛門嚢の大きさと硬さのチェックは欠かさずしてもらってました。

そんな中・・・、先月9日の夜中に破裂してしまいました149.png


本題から反れちゃいますが、前日の8日にたまたま定期健診を受けさせてて血液検査は完璧165.png

エコー検査、レントゲンの結果も前回から特に変化がなく状態が落ち着いているということで一安心した矢先の出来事でした。

肛門腺チェックも一緒にしてもらっていたのでまさかその翌日に破裂するとは誰が想像したでしょう。


それにしても肛門腺が破裂したのだから消毒やら縫合とかで色々大変なのかしらと、一応覚悟して連れて行ったら抗菌薬の注射のみ。

家でも出血してたら拭き取って患部は普通に水道水で洗ってあげてOKとのこと。

そんなケアをして2週間抗菌薬を服用させただけでした。

それだけでいいの?とちょっと拍子抜け105.png


ただ穴が開いていたからそこからの出血で絨毯拭いたり暫く大変だったけど、患部の腫れもその内徐々に引いてきて穴も無事塞がりました104.png


肛門腺ガンという病気もあるので、穴が更に広がったり別の場所にも開いて出血を繰り返したりしこりが消えずに腫れが引かなかったら・・・なんて不安もあったけど、どうやら大丈夫そう。


そうそう破裂直前はかなり痛かったのか夜中のパンティングが激しかったのですが、いざ破裂したら痛みから解放されたようでパンティングも落ち着き朝までぐっすり寝てくれました。

最初、肛門腺で苦しんでいるとは気付かず、オチリからの出血で初めて肛門嚢が破裂したことを知ったのでした。


長くなったので二つ目の災難については次回へと続きます。


by hermosaFB | 2018-05-17 22:27 | 病気・病院 | Comments(0)

3月22日


前回の血液検査(click!)からちょうど2ヶ月。

私のうっかりミスにより2週に渡ってディアナにバースデー検診を受けさせてきました。


項目は・・・、

1週間前(10日)の尿検査(click!)

今週(18日)の血液検査、レントゲン、エコー。


結論としては前回と比較してさほど大きな変化はありませんでした。


強いて言えば・・・、

尿検で一応基準値内ではあるものの比重がいつもより少しだけ低かったこと119.png

朝一の濃縮シッコを採ったつもりが既にシートに1回した痕があったのでそれが影響した事も考えられる為、様子見ですね。


血液検査ではやはりALKPだけが(前回より幾分低くはなっていたけど)若干高めなまま119.png

まぁ、肝臓の件があるし手術の影響からある程度は仕方ないのかな。


とにかく安心できる結果でよかったです165.png

本当に元気そのものだし、この状態がずっと続きますように。


検診当日は置いてきぼりにされたから?

帰宅後はまたまたベッドまで追っかけるひっつき虫さんになっちゃいました~~~129.png

b0026701_18321638.jpg


by hermosaFB | 2018-03-22 18:35 | 病気・病院 | Comments(0)

あちゃーー!

3月10日


今日はディアナのバースデー健診のはずでした119.png


朝一シッコをちゃんと採ったまではよかったのよね。


朝食摂りながらテレビをBGMにパパさんと⚪︎⚪︎会の⚪︎⚪︎長さんの不満を言い合ってたら白熱しちゃって・・・

その勢いのままキッチンに立ったらいつものようにエルディの食事の準備に取り掛かってしまった自分。

本来ならエコー検査受けさせるディアナは朝ごはん抜きのはずなのに・・・、あちゃーー!

ディアナのフードボウルを洗ってる最中にようやく気付いたよ122.png

(もう、パパさんも気付いてよ~~)


朝ご飯抜きを免れたディアナはラッキーだったねぇ117.png

あたちは全然悪くないでしゅよ

b0026701_17564706.jpg


結局今日は尿検のみ受けてきました。

残りは来週受けてきます!


by hermosaFB | 2018-03-10 17:59 | 病気・病院 | Comments(0)

フレンチブルドッグ  エルモサ&ディアナのブヒ日記


by hermosaFB