12月3日


話が前後しますが、先月三連休の中日(24日)のこと。


予てよりエントリーしていたマラソン大会の10キロレースを走ってきました。

今シーズン最初のレースになります。


エルモサが旅立って10日も経たぬうちに大会。

気分が乗らないし最初は走らない方向で考えていました。

でも最終的に走らない理由をエルモサのせいにはしたくないと思うようになって・・・、

絶対それだけはしちゃいけないなと思うようになって・・・、

考え直して奮起し走ってきました!


前日にエルモサの写真を切り抜きフォトキーホルダーの中へ。

16年前、家族の一員として迎え入れた初日に撮ったものです110.png

左の写真なんて警戒心Maxで笑っちゃいますね。

b0026701_18203856.jpg


大会当日はこれをランパンのポケットにしのばせて一緒に走りました!

走ってる間はずっとエルモサのことを考えてて頭の中でエルモサに話しかけてたらやっぱりウルっとしてしまう瞬間が何度かあったんですが、何とかサングラスに助けられました。


この大会は別名スイーツマラソンでもあるので、ゴール後にはこんなお愉しみも181.png

でも私のスイーツはどこと無く涙の味がしたかな。

b0026701_18231422.jpg


こんな状況で走ることになるとは思ってもみなかった今大会。

辛い大会になってしまいましたが、エルモサを感じて一緒に走れたのはよかったです。

b0026701_18235599.jpg


# by hermosaFB | 2018-12-03 18:28 | マラソン大会 | Comments(0)

エルモサのいない師走

12月1日


師走に入りました。

もう一年の締めくくりの時期なんですね。


月初めに捲るのを楽しみにしていたエルディカレンダーも遂に残り一枚になってしまった120.png


捲った瞬間、不思議に思うかもしれないけれど、カレンダーの向こうのエルモサと目が合った!

目が合ったのってこの最後の一枚だけ。

b0026701_17542392.jpg


生前のエルモサと目が合うとこちらの心の奥まで見透かされているような気がしてドキッとしたこともよくあったっけ。


このタイミングでそんな事を思い出すなんて・・・、

何だろ、何か意味があるのかな?


このカレンダーも大切な大切な宝物です。


# by hermosaFB | 2018-12-01 18:00 | 平素な一日 | Comments(0)

エルモサを偲ぶ

11月30日 


内容が前後しますが、三連休の初日(23日)のこと。


もう少し落ち着いてからと思っていたのですが、

ディアナの気分転換も兼ねてエルモサの報告をしにシュロッセさんへ。


涙を見せずに伝えられると思っていたのですが・・・、店長さんの『あっ、ダメだ・・・』

を聞いた途端、堪えていた涙が一気に・・・、自分もダメでした145.png


でも店長さんからも『フレンチなのに凄いよ!エルモサ本当に頑張ったよ!』

のお言葉をいただき、途中からは笑顔でエルモサを偲ぶことができたので行って良かったです。


また偶々だと思うのですが、この日のお客さんが皆さん、犬種は違うのにエルディのことをご存知な方ばかりでお悔やみのお言葉まで頂きました。

いつも2匹だったのに1匹だと『あれ?』と思いますよね。


予測はしてましたが、エルモサがいなくなってから明らかに心細い様子のディアナ。

以前と比べるとちょっとお留守番が苦手になってしまったようなのです137.png

お出掛けの時も少しでもエルモサのことを感じて安心してもらいたからこの日もエルモサ愛用のハーネスとリードを付けてあげました。

エルモサ姉ちゃん、いつでもディアナのこと守ってあげてね!

b0026701_17300045.jpg


今月のフォトスタジオのテーマは『七五三』

悲しいかな、エルモサが旅立った日(15日)も『七五三』でした・・・120.png

b0026701_17322608.jpg


傍にエルモサがいないこの光景にもちょっとずつ慣れていかなければ。


# by hermosaFB | 2018-11-30 17:36 | ちょっとお出かけ | Comments(0)

二七日

11月28日


21日に初七日を迎え、早いもので今日が二七日です。


前回の記事での宣言通り、湧き出てくる自分の感情のままに過ごしています。

無理に感情を押し込めようとしなくていいんだ!

そう思うだけで随分救われてる気がしています。


そうは言ってもエルモサのいない日常はやはり寂しくて仕方ないし、1日の中で気持ちの乱高下があるのも事実。

でもそれは愛犬を亡くした経験をお持ちの方なら当たり前のように直面する試練だと思うし。

逆にそういう感情が生まれない方が可哀想な人だったりするのでは・・・。

そんな風に色々思い巡らせたりしています。


それとこうやってブログに自分の気持ちを綴ることが今の自分自身を内観できることに繋がるので、気持ちを落ち着かせることにも役立ってます。

ただ、旅立つまでの1週間を綴るのはその様子を回想する作業が必須なので、もう少し時間が必要かな。


小さくなったエルモサの周りは今、お友達から頂いた素敵な可愛いらしい花々で彩られています。

こんなに愛されて想われていたなんてエルモサは本当に本当に幸せわんこです。

感謝の言葉しかありません。

本当にありがとうございます。

b0026701_17250806.jpg


エルディ家と長くお付き合いのある方は今遺影として飾ってある写真に見覚えがあるかと思います。

この写真の秘話についても追い追い報告させて頂きます。


# by hermosaFB | 2018-11-28 17:28 | 無題 | Comments(0)

今の気持ち

11月19日


エルモサが旅立ってから4日が経ちました。

ちょっとずつ前を向くよう努力してますが、一人でいる時にどっと悲しみが押し寄せてきて、自然と涙がこぼれ落ち、きゅっと胸が締め付けられそうになります。


このなんとも言えない感覚、この先消えて無くなるなんてこと・・・、あるのだろうか。

たとえ頻度が減ったとしても完全に消えることはないんじゃないか。

そんな気がしています。


前の記事のコメント欄に温かい言葉を残してくれた方、メールやラインで励まし寄り添ってくれた方、本当にありがとうございます。

皆さん、愛犬を亡くされた経験をお持ちな方ばかりなので、一つ一つのお言葉が本当に心に沁みました。


皆さんのお言葉のおかげで自分の中のエルモサの死に対する受け止め方にも変化が起きています。

今はとにかく自分の気持ちを偽らず心の底から湧き出てくる感情にも無理に蓋なんかしないで過ごしていこうと思ってます。


フレンチブルドッグとして16歳2ヶ月という犬生を立派に生き抜いたエルモサは私達の誇りです。

そしてそのエルモサと縁あって巡り会い家族になれた自分達は本当に幸せ者です。

沢山の楽しい思い出を残してくれたエルモサに心から感謝の気持ちでいっぱいです。


旅立つ前の1週間の様子もそのうち綴れればと思っています。


私達にはまだディアナがいます。

エルモサがいない生活に不安を感じているであろうディアナのケアをしっかりしながらこれまで以上の愛情を注いでいってあげたいと思っています。

今後ともディアナの応援よろしくお願い致します。


旅立つ前日の午後のひととき(おそらく12、3時間前かと)。

仲良くトイレの上で日向ぼっこ。

これが最後のツーショット写真となりました。

b0026701_17522643.jpg

# by hermosaFB | 2018-11-19 18:17 | 無題 | Comments(6)

フレンチブルドッグ  エルモサ&ディアナのブヒ日記


by hermosaFB