Beautiful Moon hermodiana.exblog.jp

フレンチブルドッグ  エルモサ&ディアナのブヒ日記


by hermosaFB
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

現状維持

2月20日


目、耳だけでなくおそらく鼻も少しずつ利きづらくなってきているからなのか?

顔の近くに持っていってもボウルの中のご飯にはかなり警戒をしてしまうようになったので、今は全ての食事をシリンジで食べさせるようにしています。

この強制給餌でも嫌がって食べない場合はどうしようかと不安でしたが、流し込んだ缶詰をいい感じに舌で上手く運んでくれているのでホッとしています105.png

先生と相談したりして色々試した結果、高カロリーのa/d缶に落ち着きました。

最初に与えた時はイマイチお気に召さない様子のa/d缶でしたが、その後理由は分かりませんが気に入ってくれたようなので良かったです。

老犬ちゃんは気まぐれなので、いつまた『プイッ』とされるか分かりませんが・・・119.png


食欲がある時は食べ終わってもキッチンから出て行かない時もあるんですよ。

欲しそうな顔をしてるので、それならと手であげてみると、『プイッ』122.png

で、もう一度シリンジから与えると食べる気満々で舌が出るわ出るわ150.png

なんなんでしょうね?

やはり体の機能の衰えからの不安だとかが関係しているんでしょうか?

ん~~~~。


一昨日、皮下点滴してもらいに病院へ行ってきました。

その時の体重ですが何とか前回の値を維持できてました165.png

今の状態での現状維持は凄いことだそうで、一安心。

この先も維持できるよう頑張ります166.png


シリンジですがこれまで病院からいただいていたのを使っていたのですが、これから先もディアナのお世話を続けられる事を願って新たに注文し、今日届きました101.png

b0026701_18244051.jpg


# by hermosaFB | 2019-02-20 18:28 | 病気・病院 | Comments(4)

2月14日


前回の記事に勢いで余命宣告を受けたことまで記してしまい、ご心配をおかけしております。

余命宣告を受けたことは事実だし、嚢胞により肝臓がかなり膨れ上がってしまっていること、貧血の状態も確かに深刻ではあるのですが、寝たきりになってしまったとか、全く何も食べないというわけではありません。

トイレもちゃんと自力で出来るし、普通に歩き回れています。

一時期下痢が続いた時はちょっと大変でしたが、今はそれも落ち着きました。


とは言っても今一番苦労しているのはやはり食事の面についてです131.png

フードジプシーしてる間に貧血が進んでしまい、今はとにかく『何でもいいから食べさせて!』って言われています。

食物にも色々アレルギーありのディアナですが、今となってはそんな事気にしてられないので、お芋、ヨーグルト、サーモン、まぐろ、喰いつき良さげな缶詰等を色々試しながら与えています。

しかし、その時喰いつきが良くても、次の時はプイっとされてしまう。

本当に悩ましい。

何かアドバイスあれば教えて頂きたいです130.png


今日は皮下注をしてもらいに病院へ行ってきました。

待合室でも元気でしたよ。

目の方はかなり悪いのに、撫でてくれそうな人を物色しているのでしょうか?!

b0026701_17190293.jpg

帰宅後は安心して日向ぼっこ。

b0026701_17193350.jpg

食べたい物を思いっきり食べられないのは可哀想だけど、内服薬と注射のおかげなのか今のところディアナは穏やかな毎日を過ごしています。

急変が一番怖いのですが、ディアナの生命力を信じます!

色々思うことはありますが、1日でも長くディアナといられるよう最善を尽くしたいと思います。


# by hermosaFB | 2019-02-14 17:23 | 病気・病院 | Comments(2)

祈り

2月13日


以前から見守っていたディアナの肝嚢胞が遂に牙を剥き始めたようです145.png

その影響からか貧血の悪化が著しく食欲もありません。

炎症反応も今は4まで上がってしまいました。

抵抗力も落ちて膣炎も発症。

血液検査の結果から何らかの感染症も疑われると新たに加わった抗菌剤が効いてくれればいいのですが・・・。

一時通わなくなった以前の病院で週2回の皮下注通いも始まりました。


ディアナはこれまで何度も危ない状況に直面してきました。


お母さん犬から取り出される時に命を落としそうになったディアナ。

生後3ヶ月でパルボに罹ったディアナ。

12歳で脾臓摘出手術を受けたディアナ。

13歳で胆嚢摘出手術を受けたディアナ。


でもその都度、這い上がってきました。


院長先生からは先日、かなり厳しい余命宣告を受けました。

『このままでは2週間のうちにこのコは亡くなる』と・・・145.png


今週15日、エルモサの3回目の月命日がやってきます。

お義母さんとの別れからまだ1ヶ月余り。

悲しみが癒えぬ間にディアナまでもなんて神様、酷過ぎますよ。


ディアナの15歳の誕生日まで3週間を切りました。

希望は絶対に捨てません。

持ち続けます。

生を受ける時に奇跡を起こしたディアナだからこそ必ずもう一度奇跡を起こしてくれるはず!

2週間経ってもディアナは生きてます!


3~4ヶ月のパピーの頃のディアナ169.png

b0026701_10015559.jpg

同い年のお友達と遊ぶのが大好きだったね169.png

b0026701_10023108.jpg

# by hermosaFB | 2019-02-13 10:08 | 無題 | Comments(2)

もう一枚の幸せな写真

2月10日


エルディが銀婚式を祝ってくれたおかげで、残す事が出来た『幸せな写真(click!)』110.png

細かい事になりますが、この写真のパパさんのピースは『2』を、私のハーイは『5』を示してて、二人で『25周年』をそれとなく表現したつもりだったのですが・・・、分かってくれた人、いたかしら?プププッ126.png

自分の中では一応ポーズに拘ったのでした128.png


それはそうと、『幸せな写真』にはBenさんのご厚意から別バージョンも存在してたのです110.png

(↓)ハートが照れますが、記念写真という事で許してくださいね!

b0026701_14211407.jpg

右上の内緒話している風のエルディもこの時(click!)同様大きくしてみました110.png

b0026701_14225077.jpg


# by hermosaFB | 2019-02-10 14:33 | 無題 | Comments(6)

積雪

2月9日


強い寒気と低気圧の影響でエルディ地方にもうっすらと積雪がありました。

3連休の初日ですが、こんな日なのでディアナとぬくぬくして過ごしました~109.png

b0026701_18002051.jpg

# by hermosaFB | 2019-02-09 18:01 | 平素な一日 | Comments(2)